どれくらいの期間がかかる?

どれくらいの期間がかかる?

どれくらいの期間がかかる? 大規模修繕は集合住宅のマンションなどに引き続き安全快適に住み続けるためには必須の工事といえます。大規模修繕の工事が実際に着手された場合、足場を組んで高圧洗浄やシーリング、外壁塗装などの作業を順次行うことになるため、準備ができた部分から作業をはじめるとしても、建物の規模に応じたそれなりの期間が必要です。
比較的入居戸数が少ない小規模なマンションの場合には2か月から3か月程度で終わることがあるものの、大規模なマンションの場合には半年がかりかそれ以上になるのが普通です。この間は工事車両が敷地内を往来するほか、場合によっては居室の窓の開閉が制限されたり、その他騒音や振動などが発生することがあるため、入念な計画と住民に対する周知が必要となります。
そのため管理組合が中心となってプロジェクトを推進することになりますので、そうした準備の期間までを含めるとすれば、少なくとも1年以上前から取り組まなければ間に合いません。

どれくらいの周期で大規模修繕をすべきか

どれくらいの周期で大規模修繕をすべきか 分譲マンション等が設備や外壁の経年劣化で起こる不具合を一度に大規模に修繕し行う工事を大規模修繕と呼んでいます。平成20年に建築基準法が一部改正され建築から10年以上経ったタイル張りやモルタル張りのマンションはタイルの外壁落下等を防ぐために全面打診検査を三年以内に行わなければならない事になっています。
そのような関係もありマンション等の大規模修繕は12年周期が一般的だといわれていますがマンションにはそれぞれの立地条件や建築的な構造、日頃の手入れ等で同じ年数であっても劣化状況は違い一概には言い切れるものではありません。
立地条件等によっては10年経たなくても劣化が進んでしまう場合もあるので10年位を一区切りの目安とし専門家等に診断をしてもらい適正な時期はいつぐらいなのか検証してもらうことも大切です。10年を待たずして外壁などが剥がれて来ている場合にはできるだけ早めに専門家に見てもらうことが必要です。

新着情報

◎2018/3/15

大規模修繕の進め方は?
の情報を更新しました。

◎2018/1/30

どれくらいの期間がかかる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

なぜ大規模修繕が必要?
の情報を更新しました。

◎2017/7/20

大規模修繕についての質問
の情報を更新しました。

「修繕 期間」
に関連するツイート
Twitter