大規模修繕をしよう

マンション大規模修繕についての質問

大規模修繕についての質問 建物は経年と共に劣化します。建物の外部が劣化しますと雨漏り等の発生の原因となりますので、修繕が必要となります。これはマンションにも言えることで、マンションも経年により劣化します。
そこで多い質問が、マンションの大規模修繕工事はどういう工事なのか、ということです。マンションの大規模修繕工事の場合は、主にマンションの外部に面する部分の修繕工事を行います。
では、外部の修繕工事とは具体的にはどのような工事なのか、という質問が次に出てきます。外部の修繕工事は、まず、マンションの躯体で劣化している箇所を探し、その部分を補修します。躯体の補修工事が完了したら、既存の下地材と躯体に浮きが無いか確かめます。浮きがある場合はエポキシ樹脂等を注入して躯体と下地材を接着します。
そして仕上げ塗装です。その間に、屋上やバルコニーの防水工事を行います。マンションの場合ですと、エントランス部分の壁や天井のリフレッシュ工事を行います。これがマンションの大規模修繕工事の概要です。

大規模修繕について

大規模修繕について マンションも年月が経過すれば、建物のあちこちでヒビや破損が出てきてしまいます。定期的なメンテナンスをしていたとしても、小規模の修繕では出来ることが限られており、建物の安全性や生活環境を守ることは難しいです。
そこで行われるのが大規模修繕です。大規模修繕について更に詳しく見ていくと、一般的に10年から15年くらいの周期で行うもので、なにをするのかというと、配管を交換したり、外壁を補修したり、金属を使っている部分で塗装が剥げている箇所があれば再塗装をしたりと、全体的に手を加えていきます。
大地震に備えて、壁や土台に耐震補強を施すこともあります。そのように大掛かりな工事となると、費用も莫大になりますが、大規模修繕を行うまでに住民から管理組合に支払う管理費とともに修繕積立金を徴収して、それを積み立てていくやり方が取られています。大規模修繕については、主体となるのは管理組合ではありますが、確実に実行するためにコンサルタントを雇ってサポートを受けることもあります。

新着情報

◎2018/3/15

大規模修繕の進め方は?
の情報を更新しました。

◎2018/1/30

どれくらいの期間がかかる?
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

なぜ大規模修繕が必要?
の情報を更新しました。

◎2017/7/20

大規模修繕についての質問
の情報を更新しました。

「マンション 劣化」
に関連するツイート
Twitter